りんご型肥満と診断されたらオーリスタット

肥満のひとつの型に、りんご型があります。日本人の約34%が持っている遺伝子型で、1日の基礎代謝量が200kcalほど低いと言われています。
りんご型は男性や閉経後の女性に多く、丸めでぽっちゃり型、内臓機能が発達しているので食べ過ぎてしまう傾向にあります。しかも楽天的な人が多いので、ダイエットを軽視しがちです。主にお腹周りから太くなり始めます。
肥満遺伝子の診断は、セルフチェックでもある程度可能です。どこから太るか、子どもの頃の体型、お腹が空いた時どう感じるか、などで診断することができます。
りんご型と診断された場合、楽に痩せたいのならばオーリスタットが有効です。前述したようにりんご型肥満の人は楽天的な人が多く、ダイエットに努力しようとしない傾向にあります。
生活習慣病のリスクが高いと言われてもダイエットに踏み切れず、明日からダイエットする、と言っているうちに病気にかかってしまう可能性もあります。
オーリスタットはダイエット薬として使われていますが、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病のリスクを下げる効果も期待できます。
オーリスタットには食欲抑制のような作用はありません。薬のメカニズムは、脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害して、脂肪を吸収させづらくして痩せさせるようになっています。
脂肪が腸管から吸収されるにはある程度の分子レベルまで細かく分解される必要がありますが、リパーゼの働きが阻害されるとそれが出来なくなるので、腸管を素通りしてカロリーダウンが図れるということです。
オーリスタットを使うと強制的に消化不良状態が作られます。その過程でお腹が痛くなることがありますが、薬の作用によるものなので心配いりません。

オーリスタットはなかなかダイエットができない人にはおススメのお薬です。何をやってもダイエットが続かないという人は是非使って欲しいです。私自信も使った事がありますが、本当に効き目があるので使ってみてください。

ページの先頭へ戻る